一人親方や個人事業主は確定申告の手続きを税理士へ依頼しよう

主に建設業界で見ることのできる働き方として一人親方というものがあります。

この一人親方とは、それまで勤務をしていた職場から独立し、自分で仕事を請け負って働いていくという個人事業主の事を指します。基本的にこの一人親方は自分ひとり、あるいは家族を従業員として小規模に事業を経営していくことになります。

このような一人親方としての働き方は非常に仕事に対してやりがいを感じるものだと思いますが、個人時事業主として事業を経営していくうえでネックとなるのが、税務に関する処理の仕方です。

もちろん、一人親方だからといって確定申告の手続きができないといわけではありません。ただし、個人事業主が確定申告をする際には簿記をつけおく必要があり、毎日の業務の他に簿記をつけていくというのも非常に骨が折れる作業となってしまいがちです。また、仮に簿記の付け方を誤っていたとしたら確定申告の手続きもやり直さなくてはならなくなってしまいます。

そのため、一人親方を初めとして個人事業主として働いている人は、確定申告や日々の帳簿付けなどに関しては税理士へ依頼するのが一番です。そうすることによって毎日の帳簿付けの作業や確定申告の手間を省くことができ、より一層、事業の経営に専念することができるようになるからです。

経費 一人親方

お探しの記事は見つかりませんでした。

検索キーワードを変更し下記より再検索してください。


サブコンテンツ

このページの先頭へ